キングダムハーツ3極限攻略データベース

キングダムハーツ登場作品:蒸気船ウィリー

※当サイト独自の考察・解釈を含む場合があります

ディズニー映画の中でもトップクラスに有名な作品の1つ。
ウォルトディズニー自身も、一番好きな作品だったと語っているそうです。
原作は世界各地にあり、似た話は紀元前から存在しているとされていますが、
作中に「ガラスの靴」「カボチャの馬車」などが初登場したのは
17世紀にフランスで刊行されたもの(シャルル・ペローの作品とされる散文集)です。

シンデレラは早くに母を亡くし、父の再婚後に父も亡くなり、
その後は父の再婚相手とその2人の子にいじめられます。

ある時、城の王子が花嫁選びの舞踏会を開催します。
シンデレラは着ていく服もなくへこんでいると、妖精が現れ、
魔法でカボチャの馬車とドレス、ガラスの靴を出してくれます。
舞踏会に参加したシンデレラは王子に気に入られますが、12時になると
魔法が切れてしまうのでシンデレラは急いで城から逃げ出します。
この時ガラスの靴を落として行ったため、王子はガラスの靴の持ち主を探して世界中を捜し歩き、
シンデレラを見つけ出し、シンデレラは王子と結婚するという話です。

ディズニーのシンデレラは音楽を多用したミュージカル調の作品となっています。
そのため、「ビビディ・バビディ・ブー」など多数の名曲が誕生しています。

スポンサーリンク