キングダムハーツ3極限攻略データベース

キングダムハーツ登場作品:蒸気船ウィリー

※当サイト独自の考察・解釈を含む場合があります

1953年公開の映画。
原作はイギリスのジェームス・バリが1902年に書いた「小さな白い鳥」
と1904年の戯曲「ピーター・パン 大人になりたがらない少年」。

ネバーランドは子供が大人にならない国。
ロンドンに住む、大人になりたくない女の子ウェンディと2人の弟を、ピーターパンはネバーランドに連れていきます。
ウェンディはそこでしばらく楽しく過ごしましたが、
ピーターパンと宿敵フック船長の戦いなど様々な経験の中で大人になることを決心し、ロンドンへ帰ります。

実はピーターパン自身もかつてはロンドンに住んでおり、
親とはぐれてしまって迷子となったことからネバーランドに移り住んだという設定があります。

また、物語中に出てくる妖精のティンク(ティンカーベル)も人気で、
彼女の持つ妖精の粉で子供たちは空を飛べるようになります。
しゃべることはできませんが、何を言いたいか子供には理解できるようです。

スポンサーリンク